アフィリエイトフレンズ

お客様からお金を頂く大変さ!

 

a1180_004145

今日も、忙しい仕事をこなしてきて帰ってきました。この景気がいいのか不景気なのかはっきりしないこのご時世で、忙しく働ける事には感謝しないといけないと思う。

 

私は食品業界なので、いつも思う事なのだが、食べ物だけに限ったことではないと思うが、お客様がうちの商品を食べて「感動した、うまい!」という商品を常に提供していくことができれば、景気が良いとか、景気が悪いとか、関係ないと思っている。

 

なぜなら、ヘビーユーザー(弊社の商品のファン・固定客)になってくれるからだ。

 

固定客がついてくれれば、値段が安いだ高いだという事は、あまり関係なくなる。少しは値段で逃げる客もいるが、「これはおいしい、他のと違う」と思ってくれたユーザーは、そう簡単には逃げないのだ。

 

そんな事いっても、理想論にすぎないと言われるかもしれないが、今の飽食の時代、それが出来ないところは、どんどん潰れていっている現実に。

 

それだけ、「お客様からお金を頂くことは大変なのだ」、一つの例として、私は開発に携わっている関係で、商品の分析やクレームなどの対応をするが、以前にこんなクレームがあった。

 

「いつも、おたくの商品を美味しく食べていたのに、今回購入したのは味が違う、味を変えたんですか?」というクレームがはいった。

 

さっそく、その商品を送って頂いて、分析したところ「基準成分値より塩分がたった0.3%だけ低かった」。これは自社の製品の基準値内範囲の一番下ギリギリの値だった。

 

私も、その送られてきた商品を試食したが、毎日食べている私でも「確かにちょっと塩分が低く感じるかな?」のレベルだったので、よほど、常に弊社の商品を食べている方なんだろうな?と思った程だった。

 

その時に、お客が「うまい」と感じた味が頭にインプットされた瞬間に、それと比較してたべるようになってしまうので、ちょっとした味の違いも敏感に感じとってしまう事を勉強した。

 

お客様には、「厳選した商品と、今回の原因をレポートにして遅らせて頂いて、許して頂きましたが」それ以来、さらに味のバラツキを抑える工夫を施して、現在に至っています。

 

それほどお客様からお金を頂くという事は大変なのだ。今更ですが、自分自身のためにアウトプットしてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。