アフィリエイトフレンズ

話題のTSU(スー)がネズミ講なのか、あぶないのか?

 

a

 

TSU(スー)が今、とても人気なのはご存知かと思いますが、その意見は大きく2つに分かれています。

 

自分が招待したらどんどんグループが出来てくて、ひ孫ユーザーまでの4ティア制で、とりあえず招待したらどんどん増えていくというシステムがネズミ講に取られているようです。

 

しかし、私もやってみてわかることは、自分が招待したフォロワ―の方の事を(チルドレン)という言い方をしますが、なんでかんでチルドレンを増やさなくても、シェアすることにより報酬が発生することを考えても、完全なるネズミ講ではないような気がします。

 

では、ネズミ講とは何なのか?を考えてみますと、簡単に言うと、何も商品がない状態で出資を募り、その出資を紹介者に分配し、出資した方が稼ぐためには次の出資者を探す必要があり、利益を得るためには無限に次の出資者を見つけていく必要がある商法で、無限連鎖販売法として法律で取り締まられています。

 

要は利益を生みだす仕組みもないのに出資を募って、その出資を分配してハイさようなら!という感じです。

 

そこでTSU(スー)に戻って考えてみると、誰も出資しておりません(笑)

 

では商品は何かというと、それは「私たちの価値ある投稿記事」が商品です。さらに報酬となる原資がないのでは、という意見もあるようですが、それは、大手企業の広告費が原資となります。

 

あとは、MLMなので嫌だという意見も?MLMとは、(マルチレベルマーケティング)といい、要は、自分の直接紹介した方の売上だけじゃなく、多段階に報酬が発生する仕組みです。

 

ということは、自分が頑張った分だけじゃなく、紹介者が頑張った分も自分の報酬に反映されるということです。

 

つまり、自分の労力=賃金という世界から抜け出すのにとても優秀なツールなわけであり、TSU(スー)は塵も積もれば山となるという感じで、とてつもない可能性秘めてます。

 

しかし、その仕組みを使うのは私たちですので、稼ぎた人は稼げばいいし、そうでない人は寄付すればいいし、稼がないと損することも何もないわけです。

 

TSU(スー)を悪く使うのも、よく使うのもユーザー次第ということですね。

 

稼げるSNS「tsu」ス―への登録がまだの方は「完全招待制」になっていますので、こちらからどうぞ

>>>https://www.tsu.co/choopper

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。