アフィリエイトフレンズ

tsū(ス―)はもう飽きた、本当の楽しみ方は?

 

tsu-office-2

tsū(ス―)が今、大人気で私も1ヶ月近くやってみました。もうすでに友達の数が5000人になっている方は相当数になったように感じますね。

 

そんな方達は、もう飽きてしまったのか?それとも思っていたほど稼げない事がわかったのか、友達の数がマックスの5000人になったとたん、投稿がとまってしまっている方が非常に多いです。

 

私も、やってみながら、報酬の上がり方と、投稿、シェア、チルドレン数などを考えながら運営してきましたが、友達を5000人にしたからって、稼げるものではないとすぐにわかりました。

 

Friendの数よりも、Followerの数を増やす方が重要であるように思いますし、実際にみんなもそう言っています。

 

さらに、記事の投稿を1日に数多くする事も、あまり関係なく、厳選したオリジナルコンテンツでシェアされやすい記事を投稿した方が私の場合は報酬は上がりました。

 

とはいっても、今のところ報酬のマックスは、1日、0.1ドルですが(笑)また、画像を投稿する場合も「NAVER まとめ」から取ってきた画像が数多くダブっているので、画像もできるだけ、オリジナルがいいし、みんなが使っていないものを探したほうがシェアされやすくていいですね。

 

稼ぎたい方は、チルドレンを増やす事とシェアされる記事を投稿すること、Followerの数を増やす事を重点においてtsū(ス―)を運営していけば、おのずから報酬は上がっていくはずです。

 

なので、友達(Friend)の数はあまり気にしない方がいいと思います。私の場合は1700名くらいですが、Followerを増やすために、友達申請は調整しながらやっています。

 

Friendの数と、Followerの数が同じくらいの方がいますが、そんな感じになればいいと思っています。あとチルドレンを増やす事は、正直なかなか難しいので、

 

それは、自分のサイトやSNSなどに窓口は作っていますが、頻繁に勧誘はしていません。自然増だけで余計な事はしていません。現在のところ15名位ですね。

 

ということで、tsū(ス―)を1ヶ月位運営してみて思う事は、大きく稼ぐためのSNSにはなる可能性は低い事が分かりました。

 

人気のある方であれば別でしょうが、一般人がtsū(ス―)を使うことで、稼げます。というキャッチフレーズには、惑わされないようにしましょう。私も始めはそういっていたので申し訳ないと思った次第です(笑)

 

なので、最近はtsū(ス―)は、外人さんとのコミュニケーションのために楽しんで使用しています。まさにSNSですね。本来の意味の。

 

もし未だに友達5000人を目指して、やみくもに友達申請している方がいたら、達成してしまうとやる気が無くなってしまうので、Followerを増やす努力をしながら友達も増やしていく事ができればベストです。

 

私は、すでにtsū(ス―)に見切りをつけて、その時間を1つでも多く稼げるサイトを作ることに方向転換して、始めています。

 

私のサイトは>>>>>>https://www.tsu.co/choopper

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。