アフィリエイトフレンズ

顔面けいれんで手術、体験談!(後編)

 

a1180_016598

手術後、状態がいいので一般病棟に移れるようになった、ICUをおさらばして一般病棟に車椅子に乗って出発進行、途中CTをとって出血などないかチェックするために途中下車した。

出血などないようで安心、そのまま一般病棟に到着して横になってひと安心。それから3日間ぐらい点滴は続く、栄養剤、抗生物質など・・、おしっこが近くて大変。

寝ている状態から起き上がるのに、頭の重さをとても感じる状況、点滴をしていない方の手で頭を抑えながら起き上る、改めて首の筋肉の強力さに感謝、5キロの頭を支えてくれている首は体にとって

非常に重要な部分、「えんずい切り」などとプロレス技を若い時にしていたことに反省の念が出てきた。

手術後2日目、頭の傷の痛みがどんどん出てきた、痛み止めは座薬から飲み薬になって、6時間の間をあけて毎回飲む感じ、それでも痛みは強い。

そして夜が長く感じる、4人部屋だがそれぞれ症状がひどいので話相手はいない、テレビでも見ようかと横になりたいが、頭の後ろの首のあたりを手術しているので

傷口があたらないように横を向くのがしんどい、テレビの映像の光や音も刺激が強く感じて落ち着かない、結局テレビを消して本でも読んでみたり、

音楽を聴いたりして時間をつぶす。食事はまだ飲み込みが悪く、全粥にしてもらいちょっとずつ食べる、時間がかかりすぎて大変、また味がうすくて

醤油や塩が欲しくなる。手術後3日目、体の機能がやっと復活してきた感じ、排便もやっとあった、胃と腸に感謝。

また今日も夜になるのが怖い、長い、寝れない、最近は床ずれまでいっていないが、寝てばかりいるので背中が痛すぎ、たった3日間だけなのに

この背中の痛みがハンパない。起きている方が楽になってくるが、それもまた辛い、どうしようもない状況だがここは辛抱、周りにはもっと大変が人がいる。

退院がいつになるか分からない人もたくさんいる、自分は2週間我慢すれば退院出来るじゃないかと自分に言い聞かせて時を過ごす。

1週間ほど過ぎて体重をはかってみると6キロ程痩せてしまっていた、お尻と脚の筋肉がすっかり持っていかれた感じ、こんなに短期間で痩せるもんかと驚く。

顔面けいれんの症状については、手術して3日目あたりまでピクピクが消えていたが、5日目あたりからまたピクピクがはじまってきた。

これは手術自体は成功したが、長年ピクピクしていた症状を脳が覚えていてまた症状が出てくるらしい、でもここから少しずつ消えていくみたいだ。

確かにピクピクはしているが、前ほど辛くない感じがする、「ここからはいつピクピクが止まるかは神のみぞ知るで先生もわからないらしい」

時間をかけて治していくしかない。そんなこんなで2週間が過ぎて無事退院できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。