すっぽん小町サプリは白髪予防に効果があるが、それよりも?

すっぽん小町が白髪の予防に効果があるのかどうかと口コミで話題になっていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

すっぽん小町というサプリメントは、もともと30〜40代の方(もちろんそれ以外の方も)で肌にハリや弾力がなくなってきた、シワが増えてきた、疲れやすい、肌が乾燥する、朝起きるのがツライ、などなど・・

 

加齢とともに肌質が衰えてきた方、若い方でもストレスなどで肌質が衰えた方、要するにコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが減ってきた方をターゲットとしたサプリメントであり、コラーゲンの素となる良質な「アミノ酸」がたっぷりと含まれた「すっぽん小町」を摂取することで、コラーゲンなどを補い、肌質を改善する効果を期待できるわけです。

 

では、すっぽん小町を摂取しても白髪の予防には何の効果もないのでしょうか?

 

いいえそうではありません。結論からいってしまえば「すっぽん小町に含まれている成分的には白髪の予防効果は期待することができます」

 

それには白髪の仕組みも多少知っておかなければなりません。

 

白髪が増えてくる原因としては「メラニン色素の減少」があげられます。その名の通り髪の毛のメラニン色素が薄くなってしまう事で白髪になってしまうわけです。では、なぜメラニン色素が不足してしまうのでしょうか?その原因としては、「チロシンの減少」があげられます。

 

チロシンという成分は、非必須アミノ酸であり、神経伝達物質(ドーパミンなど)、甲状腺ホルモン、成長ホルモンなどの材料になる成分ですが、ここで特質すべきは「メラニン色素」の材料になってくれるという事です。

 

ですから、チロシン=メラニン色素の材料が減少するという事は白髪が増えてくるという事になります。さらにちょっとややこしくなりますが、チロシンが減少してしまう原因は「貧血」の可能性が高いといわれています。

 

貧血というと鉄分不足だけと思いがちですが、貧血の原因は鉄分だけでなく、タンパク質、ビタミン群、葉酸なども不足してしまうと赤血球の生成量が下がってしまい、血流が減ってしまい貧血を起こしやすいといわれています。

 

チロシンは血液に含まれている成分であり、血流にのって頭皮や髪の毛を支える真皮に「メラニン色素の材料」や「様々な栄養成分」を運んでくれる役割をしてくれています。そんな重要な血流に勢いがない状態だとチロシンを運ぶ力が弱くなり、メラニン色素が不足してしまい、結果的に白髪になってしまうわけです。

 

その血液を作ってくれる重要な成分には「鉄分」「ビタミン群」と「葉酸」の3つの栄養素はかかせません。

 

その点「すっぽん小町」には、質の良いすっぽんを使用することにより、すっぽん粉末の中に非必須アミノ酸である「チロシン」や「鉄分」「ビタミン群」「葉酸」が豊富に含まれているので、白髪の予防という点では、とてもバランスよく配合されている利にかなったサプリメントであるといえます。

 

ただし、「すっぽん小町」はあくまでサプリメントなので、普段の食事から摂取できる成分は「食べ物」から摂取できれば、なお良いでしょう。

 

 

下記に「すっぽん小町」の成分表を掲載しておきます。

 

 

 

 

すっぽん小町

 

 


白髪の予防に「すっぽん小町」と並行して「チロシン」の多い食べ物を!

40歳も過ぎてくると白髪が生え際から目立つようになってきて、がっかりしている人は多いのではないでしょうか?最近では、20〜30代の方でもストレスや様々な環境の変化などで、白髪に悩んでいる人が多くなっているようです。

 

加齢のせいやストレスなどの影響とはいえ、白髪が増えてくると、いきなり老けた感じに見られてしまい、なんとかこれ以上白髪が増えないでもらいたいと思うはずです。

 

白髪染めやボカシなどで、隠す方法もありますが、白髪がこれ以上増えないように予防する方法もあります。体に食物などから摂取されるタンパク質は、吸収されて分解して、肝臓に届くまでには大部分がアミノ酸に変化していきます。

 

髪の毛を支える真皮の多くを占めているコラーゲンも、このアミノ酸からできています。また、コラーゲンが減少して真皮がスカスカになっている場合は、ふかふかの頭皮を育むものを体に取り入れてあげなければいけません。

 

白髪を予防するアプローチとしては、髪を育む土壌となる真皮をふかふかに導く事、また血行を促進してやる事、チロシンを摂取する、などがあげられます。それを考えた場合に「すっぽん小町」の良質のコラーゲンを体に摂取してあげることは、個人差はあるものの間違いなく白髪の予防になるでしょう。

 

さらに、メラニン色素の材料になる「チロシン」を食べ物からも並行して摂取しましょう。チロシンは、すっぽん小町にも含まれていますが、効果を高めるためには、毎日の食事からの摂取も考えるべきです。

 

チロシンを多く含む食品は「大豆やチーズ、ちりめんじゃこ、ピーナッツ、たらこ」などが挙げられます。大豆製品や乳製品を摂取すれば間違いないと思っておきましょう。

 

チーズ、大豆とも食品100gあたり、おおよそ1,000mg以上のチロシンが含まれ、食品の中のチロシン含有量は群を抜いています。チロシンは一日あたり500mg〜2,000mg程度摂取するのが望ましいとされています。食べ物で言うと、チーズやお豆腐を50〜200g程度摂取すれば、まかなえるでしょう。

 

白髪改善には上記範囲内でできるだけ多く、できれば毎日2,000mg程度摂ることが望ましいでしょう。

 

以上、白髪の予防になる方法をいろいろと説明してきましたが、実際の白髪のメカニズムは、遺伝なども含めるとさらに複雑であり、一人一人その原因は違います。

 

白髪にならない為に日常生活で気を付ける事は、「頭皮を紫外線から守る」「ストレスのない規則正しい生活」「バランスの良い食事を取る」など基本を押さえた上で、自分に合った方法を自分の体と相談しながら見つけていきましょう。

 

 

 

 

すっぽん小町